Topics

DEIM 2019にて「学生プレゼンテーション賞」を受賞しました
Received Student Presentation Award at DEIM 2019

Yahoo! JAPAN研究所でインターン中の中村 達哉さん(大阪大学)と栗原 光祐さん(青山学院大学)が第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (第17回日本データベース学会年次大会、DEIM 2019)で、学生プレゼンテーション賞(外部サイト)を受賞しました。
受賞対象の発表論文は、以下の通りです。

トレンドエンティティに関するWebメディア間横断調査
中村 達哉 (阪大)、藤田 澄男 (ヤフー)、原 隆浩 (阪大)
http://db-event.jpn.org/deim2019/post/papers/277.pdf(外部サイト)

Doc2Vec手法による映画レビューサイトからのクエリと意味的に類似した評価表現の発見
栗原 光祐 (青学大)、莊司 慶行 (青学大)、藤田 澄男 (ヤフー)、Martin J.Dürst (青学大)
http://db-event.jpn.org/deim2019/post/papers/63.pdf(外部サイト)

上記論文は、弊研究所と所属大学研究室との長期インターンシップ・プロジェクトの成果でもあります。
弊社サービスが提供する各種コンテンツ・データやログを分析して、新しい活用方法を提案したものであります。
弊研究所では、今後も若い才能から生み出される技術を、ヤフーのサービスを通して皆様にお届けするために、国内外の大学などとの共同研究・インターンシップに取り組んでまいります。

The presentations of the following papers are received the Student Presentation Award at DEIM 2019 (external site).

Trans Web media investigations on Trend Entities
Tatsuya Nakamura (Osaka Univ.), Sumio Fujita (Yahoo Japan Corp.), Takahiro Hara (Osaka Univ.)
http://db-event.jpn.org/deim2019/post/papers/277.pdf (in Japanese, external site)

Discovery of similar expressions to search queries from Movie review sites using Doc2Vec method
Kousuke Kurihara, Yoshiyuki Syouji (Aoyama Gakuin Univ.), Sumio Fujita (Yahoo Japan Corp.), Martin J. Dürst (Aoyama Gakuin Univ.)
http://db-event.jpn.org/deim2019/post/papers/63.pdf (in Japanese, external site)

The papers describes results of long-term research internship projects with their Universities.
The studies tackle the novel ways to leverage our service contents and log data in view of more effective information dissemination services.
We continuously seek to collaborate with universities around the world in order to provide Yahoo! JAPAN services with technologies brought up by young talented students.