論 文Papers

CONFERENCE (DOMESTIC)

モバイル端末位置履歴を用いた都市動態予測のための核ノルム最小双線形ポアソン回帰

下坂 正倫(東京工業大学)、和田 英之(東京大学)、坪内 孝太

2016年度人工知能学会全国大会(第30回), 2016/6

Category:

情報検索 (Information Retrieval) 機械学習 (Machine Learning) データサイエンス (Data Science)

Abstract:
位置履歴の膨大な蓄積を利用した群集の活動分析の基盤となる活動人口の時系列挙動(都市動態)の予測手法を論ずる.予測手法として核ノルム正則化を取り入れて最適化する双線形ポアソン回帰モデルを提案する.従来の行列分解による最適化と比べ,大域的最適解が得られる利点がある.大規模な携帯端末位置履歴データに対する提案手法の有効性を示す.
Download:

モバイル端末位置履歴を用いた都市動態予測のための核ノルム最小双線形ポアソン回帰(外部サイト/External Site Link)