論 文Papers

JOURNAL (DOMESTIC)

タイムライン形式での記事配信に おける課題と記事閲覧数推定による改善

大倉 俊平, 田頭 幸浩, 小野 真吾, 田島 玲

日本データベース学会, 2017/3

Category:

機械学習 (Machine Learning) データサイエンス (Data Science)

Abstract:
スマートデバイスの普及により,インターネット上で提供され るサービスのユーザインタフェースも変化しており,著名なSNS などを中心に新しい形式のインタフェースであるタイムライン形 式が取り入れられている.タイムライン形式は原則として時系列順にアイテムを並べるものであるが,表示するアイテムが記事で ある場合には,ユーザの使い勝手を考えると,すべての表示可能な記事を時系列順に並べるわけではなく,表示可能な記事の絞り 込みや,ユーザの興味を加味して順序の変更を行ったうえで記事を表示する必要がある.我々は,タイムライン形式でユーザに記 事を提供するスマートフォン版 Yahoo! JAPAN トップページを対象に,上記の課題を解決するため閲覧実績や記事内容から記事 閲覧数を推定する仕組みを導入し,推定値を利用したロジックによる配信を行った.その結果,より多くの記事が閲覧されるよう になったことを確認した.本稿では記事を配信,表示するサービスにおける上記のタイムライン形式が持つ課題と,記事閲覧数推 定による改善策の内容とその効果について報告する. カテゴリ: 機械学習 (Machine Learning), データサイエンス
Download:

タイムライン形式での記事配信に おける課題と記事閲覧数推定による改善(外部サイト/External Site Link)