トピックスTopics

情報処理学会第77回全国大会にて講演しました
Lecture at the 77th National Convention of the Information Processing Society of Japan

研究所 清水です。 弊社クラウドソーシングのサービスマネージャー 中川雅史と共に、2015年3月19日(木)に開催された情報処理学会第77回全国大会のイベント企画セッション「クラウドソーシング研究・応用の最新動向」において、「クラウドソーシングの現状と課題」というタイトルの発表をしました。 発表内容はスライドをご参照ください。

本講演のベースとなる弊社サービス、クラウドソーシングはどなたでもスキマ時間にポイント稼ぎをしていただけるサービスです。 こちらからアクセスできますので、ぜひお気軽に試しください。

講演では、このサービスにおけるユーザーの統計なども含め、サービス利用上の課題など、かなり突っ込んだ内容について専門家の皆さんの前でお話しすることができました。 質問も多くの方からいただき、社会・研究基盤としてのクラウドソーシングの有用性、可能性について認識を新たにしました。 これからも研究機関、社会が持っている課題に対して、圧倒的なユーザー数でスピーディーに解決する手段を提供していく所存にございます。

I’m Nobuyuki Shimizu from Yahoo! JAPAN Research.

Our crowdsourcing service manager Masashi Nakagawa and I attended the 77th National Convention of the Information Processing Society of Japan on March 19, 2015. At the event planning session “Latest Trends in Crowdsourcing Research & Applications”, we made a presentation titled “Crowdsourcing: Current Status and Issues”. Please refer to our slides.

The basis of our lecture, Yahoo! Crowd Sourcing , is a service that lets anyone earn points in their spare time. You can access it here, so please give it a try.

In speaking to this audience of professionals, we were able to go quite deeply into issues surrounding the use of the service, including user statistics. They asked a lot of questions, and helped us gain a new awareness of the utility and possibilities of crowdsourcing as a social and research base. We intend to provide a method that can speedily, with a huge number of users, resolve issues facing research bodies and society as a whole.