トピックスTopics

IBIS2016にて6件ポスター発表しました / Six posters presented at IBIS2016

2016年11月16日-19日に京都大学吉田キャンパスにて開催されたIBIS2016(第19回情報論的学習理論ワークショップ)(外部サイト)のポスターセッションにて、共著含め6件発表しました。
たくさんいただいたフィードバックをもとに磨きこみ、トップカンファレンスでの採択を目指していきます。

サービスへの応用を視野にした取り組みにつき5件:
・近似最近傍検索手法によるExtreme Multi-label分類手法の改善
 田頭幸浩

・決定木学習後の Post-Selection Inference と精度検証
 鈴村真矢,田頭幸浩

・クリックフィードバックを用いた記事の地域性推定モデルの構築
 大倉俊平

・検索キーワードの検索頻度を考慮した商品検索のランキングモデルの構築
 齋藤祐樹

・単語の分散表現の逐次的学習
 鍜治伸裕小林隼人


インターンの学生の方々と、取組中の課題につき発表1件:
・ニュース・動画サービス間のクロスドメイン推薦における課題
 金川 平志郎(東京工業大学),小林 隼人清水 伸幸田頭 幸浩,鈴木 大慈(東京工業大学)



We presented six posters, including multi-authored, at the poster session at IBIS2016 (The 19th Information-Based Induction Sciences Workshop). The workshop was held on November 16-19, 2016 at the Kyoto University Yoshida campus.
We received a lot of feedback, and are now polishing them up with a view to having them selected for a top conference.

five posters on approaches with a view to service applications:
・近似最近傍検索手法によるExtreme Multi-label分類手法の改善
 Yukihiro Tagami

・決定木学習後の Post-Selection Inference と精度検証
 Shinya Suzumura, Yukihiro Tagami

・クリックフィードバックを用いた記事の地域性推定モデルの構築
 Shumpei Okura

・検索キーワードの検索頻度を考慮した商品検索のランキングモデルの構築
 Yuki Saito

・単語の分散表現の逐次的学習
 Nobuhiro Kaji, Hayato Kobayashi


One presentation of a topic our interns are working with us on:
・ニュース・動画サービス間のクロスドメイン推薦における課題
 Heishiro Kanagawa (Tokyo Institute of Technology) , Hayato Kobayashi, Nobuyuki Shimizu, Yukihiro Tagami, Taiji Suzuki (Tokyo Institute of Technology)