トピックスTopics

NLP 2019にて若手奨励賞を受賞しました
Received the Young Researcher Award at NLP 2019

東京工業大学の奥村学教授との共同研究成果に関する以下の論文に対して、共同研究者の一人である町田和哉さんが言語処理学会第25回年次大会(NLP 2019)若手奨励賞(外部サイト)を受賞いたしました。

質問-回答対を利用した半教師有り抽出型質問要約
町田 和哉(東工大)、小林隼人 (ヤフー/理研AIP)、高村大也 (産総研/東工大)、奥村学(東工大)
http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2019/pdf_dir/F6-1.pdf (外部サイト)

本研究は、Yahoo!知恵袋の質問リストやプッシュ通知において品質の高い見出しをユーザーに提示することを目的とした取り組みです。今後もユーザーにとってより良い体験を目指して研究を続けていく予定です。

Our collaborator, Kazuya Machida, received the Young Researcher Award at the 25th annual meeting of the Association of Natural Language Processing (NLP 2019) (external site) for the following paper about an achievement of the collaborative research with Prof. Manabu Okumura at Tokyo Tech.

Semi-Supervised Extractive Question Summarization Using Question-Answer Pairs
Kazuya Machida (Tokyo Tech), Hayato Kobayashi (Yahoo Japan Corporation/RIKEN AIP), Hiroya Takamura (AIST/Tokyo Tech), Manabu Okumura (Tokyo Tech)
http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2019/pdf_dir/F6-1.pdf (external site)

This research is an effort to present high quality headlines to users in question lists or push notifications of Yahoo! Chiebukuro. We intend to continue our research aiming at a better experience for users.