トピックスTopics

2019年度第67回電気科学技術奨励賞を受賞しました
Received the 2019(67th)Electrical Science and Engineering Promotion Award

宮原 良次 (NECプラットフォーム)、杉山 昭彦 (ヤフー)、林 建輔 (NECプラットフォーム)が、「メカニカルノイズ抑圧技術の開発と実用化」の業績に対して、2019年度第67回電気科学技術奨励賞を受賞しました。

音声に混入して音声を聞き取りにくくするメカニカルノイズを抑圧することで音声をクリアにする、メカニカルノイズサプレッサを開発し、合焦ノイズを抑圧するために携帯電話に、ズームノイズを抑圧するためにデジタルカメラに、世界で初めて搭載しました。入力信号の位相をランダム化することで抑圧性能を大きく向上させ、振幅操作だけでノイズ抑圧が十分可能であるという過去34年間の常識を根本から覆しました。さらに、位相をランダム化することで生じる音圧低下現象を発見し、メカニカルノイズの統計的性質に基づいた補正で高音質を達成しました。パーソナルコンピューター(PC)の打鍵やタブレットPCのタッピングによって生じる衝撃ノイズに対しては、入力信号の位相対周波数の特性が直線的であることを解明し、これを利用した高性能な検出方式を確立しました。累計約1000万台の携帯電話と、累計約20万台のデジタルカメラに搭載されました。

電気科学技術奨励会サイト:http://shoureikai.or.jp/img/awards/past/award_67.pdf (外部サイト)

Ryoji Miyahara (NEC Platforms Ltd.), Akihiko Sugiyama(Yahoo Japan Corp.), and Kensuke Hayashi(NEC Platforms Ltd.) received the 2019(67th) Electrical Science and Engineering Promotion Award from the Promotion Foundation for Electrical Science and Engineering for Development of Mechanical-Noise Suppression Technologies and Their Applications to Commercial Products.

The developed mechanical-noise suppressors, which suppress the mechanical-noise interfering the target speech for enhancement, have been incorporated, for the first time in the world, in mobile-phone handsets to suppress auto-focusing noise and digital cameras to suppress zooming noise. Randomization of the input-signal phase significantly enhances suppression, which defied the 34-year old knowledge that amplitude manipulation is sufficient for good noise suppression. Power loss caused by phase randomization was further identified and compensation is applied to the mechanical-noise suppression algorithms. For impact noise caused by typing and tapping on a personal computer (PC) or a tablet PC, phase-frequency linearity was identified to provide better impact noise detection. These mechanical-noise suppression algorithms have been shipped in 10 M mobile phone handsets and 200K compact digital cameras.